最近はYoutubeにハマってしまい古いライヴの映像を探して皆さんにご紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中断のお知らせ

次のアップをお待ちの方も少ないのでしょうが、

やむを得ない事情で暫らくお休みさせて頂きます。

再開は4月の中頃でしょうか?

でき得る限り早く再開したいと思っております。

ご希望のグループ、バンドがございましたら

お知らせください。

よろしくお願いたします。
スポンサーサイト

ロック・タイムマシーン No.25 Jeff Beck Group

第二十五回 ジェフ・ベック・グループ

クラプトンとペイジは既に紹介済みなのにベックの紹介が遅れてしまいました。

ロック・タイムマシーン No.24 Status Quo

第二十四回 Status Quo

イギリスでは人気のあるバンド。現在も活動中。

ライヴ・エイドのイギリスでの幕開けはこのステイタス・クオーでした。



Over And Done


Live 1970

ロック・タイムマシーン No.23 It's A Beautiful Day

第二十三回 イッツ・ア・ビューティフル・デイ

アメリカ西海岸で活動していたグループです。アルバム・ジャケットが気に入って買ってしまった人が多いよう

です。

It's A Beautiful Day




May 24 1968 Fillmore West

ロック・タイムマシーン No.22 Ten Years After

第二十二回 テン・イヤーズ・アフター

ウッドストックを見ていて思い出したのがアルヴィン・リー率いるテン・イヤーズ・アフター。

当時ギターの早弾きと言えばアルヴィン・リーでした。ウッドストックの映画のおかげでその姿をやっと拝めま

した。ではその姿を



次は1968年フィルモア・ウェストでのライヴです。

ロック・タイムマシーン No.21 SANTANA

第二十一回 SANTANA

ほとんど札幌から離れたことがなかったのでロックのLIVEは1972年(?)のサンタナのライヴしか行ったこと

がない。ライヴは一回きりだが、レコードなら何度も楽しめる、と慰めレコードにお金を注いだ。

しかしサンタナのレコードはセカンドの『アブラクサス』しか買っていません。他は皆NHK-FMからカセッ

トテープへ録音。DVDの時代になってからも買っていません。『ウッドストック』は廉価版が発売されたので

買いましたが。

そのウッドストックで実質的なデビューを飾ったサンタナを見てみましょう。



ライヴ映像ではありませんが


次も音だけです。

ジャーニーのニール・ショーンが16才で参加しました。



時々「アブラクサス」も聴きたくなります。




サンタナ「アブラクサス」

次はジョン・マクラフリンとの共演で、

ジョン・コルトレーンの「至上の愛」を取り上げたアルバムを


ロック・タイムマシーン No.20 Grand Funk Railroad

第二十回 グランド・ファンク・レイルロード

高校二年の時に「ハートブレイカー」が大ヒット。

同級生が組んだバンド「MASH」の数少ない持ち歌でした。

自由な校風の学校だったので、教室の教壇の横にドラムとアンプがあっても教師からは何も言われませんでした。

放課後には教室が練習スタジオになり、ミニコンサート会場になりました。



















ロック・タイムマシーン No.19 シカゴ

第十九回 Chicago

BS&Tよりも人気があったブラス・ロックのバンド。

初期のアルバムは必ず二枚組でなかなか買えませんでした。

そして続いて発売されたライヴ・アルバムはなんと四枚組で

とても買える物ではありませんでした。

前置きが長くなりました。

というわけで「長い夜」を

ロック・タイムマシーン No.18 サード・イヤー・バンド

第十八回 Third Ear Band

プログレの中でも特異なバンドを。

1971年、ロマン・ポランスキー監督の映画『マクベス』の音楽を担当。

暗く重苦しい映像、オドロオドロシイ音楽、夜一人では見られないです。

Live French TV May 1970


Egyptian Book Of Dead


Earth


Fire


Water








ロック・タイムマシーン No.17

第十七回 Woodstock

今日はちょっと視点を変えてバンドではなく、大規模コンサートから追ってみましょう。

歴史的に見れば1967年のモンタレーの方が早いのですが規模の巨大さという点ではウッドストックが初めての

大規模な野外コンサートでした。観客動員数は途中からフリーコンサートとなったため正確な数字はわからないの

ですが30万人とも40万人とも言われています。

市販されているものはもう何度も見たので今回はこんなものを見てみましょう。

Woodstock Lost Performances 1:08:15


グレイトフル・デッドの映像を探していて見つけました。


その続きです。


こんなのも見つけました。


良くわかりませんでした。でもその続きです。


ドキュメントもありました。


さて次はどんなんでしょうか?
プロフィール

poponta

Author:poponta
若い頃、録り貯めたカセットテープをDVDレコーダーを使ってデジタル化しています。ロックとジャズについても書いて行きます。タイムマシーンでは昔の映像を紹介しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
4961位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ロック
342位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも一覧

You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

ブートレグに捧ぐ

【tera045の音楽&サブカル備忘録】
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。